草フットサル考察

社会人が週1月1でやるレベルでのフットサルに関する考察を書く

斜めに戻るディフェンス

知らないと間違えがちなディフェンスの動き。

下記のような状態になることはよくある。
カウンターやDF左側の選手が1対1で抜かれた場合などがそうだ。

f:id:hunbaba:20140714072734j:plain


この後、当然DF右側の選手はカバーとして左に駆けつけようとする。
その際にDF左側の選手がどう動くかというのが今回の焦点だ。

自分に近い左側の相手選手を追ってしまうのがよく見るミスだ。
そうすると当然下記のような配置になり、
右にパスを通されると非常にまずい状況となる。

f:id:hunbaba:20140714072347j:plain



ではどうするのが正解かというと、
下記のようにDF左側の選手は右側に戻るようにする。

f:id:hunbaba:20140714072353j:plain


図で説明すると、そりゃそうするだろうと思う人も多いだろうが、
いざ自分がDF左側の選手になるとついつい近い相手を追いがちなので
気をつける必要がある。

 

基本的な動きの名前

基本的な動きについて、共通認識化するためにも名前を覚えておくとよい。

わかりやすいサイトがあったので、参考にしたいものを抜粋。

 

参考サイト:日本フットサルとスペインフットサル

 

パラレラ

 底の選手がサイドに出して、同じサイドの裏に走る動き。

 

 

カーテン

 ボールを持ってる味方とそのDFの間に入る動き。

 

 

ディビディル

 囲まれる位置にボールを持って行くことで残りのメンバーを数的有利にする動き。

これは意識的にやったことなかったので活用したい。

バルサがパス回しの際にわざわざ狭いとこにパスして、

取られそうになって戻すのを見て「危ないな~」と思ってたが意図があったのか。

 

 

ブロッケイオ

 敵DFの動きを体を入れておいて邪魔することで味方をフォローする動き。

 

 

縦パスからのワンツー

動きがわかりやすくて使いやすい良技。

サイドに流れて縦パスを受け、空いたスペースへのワンツー。

と言われてもわかりにくいだろうから以下のとおり図で説明する。

 

1.サイドでボールを持つ。

f:id:hunbaba:20130225203031j:plain

 

2.ピボ(FW)がコーナーに走り、サイドの選手が縦パスを出す。

f:id:hunbaba:20130225203051j:plain

 

3.それと同時にサイドの選手はゴール前のスペースに走りこむ。

f:id:hunbaba:20130225203103j:plain

 

4.ピボ(FW)からのリターンパスをもらう。

f:id:hunbaba:20130225203115j:plain

 

ピボ(FW)はかかとで出したり、ちょっと浮かしながら真横に出したりする。

 

成否は敵側のサイドの選手がパス&ゴーについてくるかにほぼかかってる。

やり込んでいない選手だと縦に出されてたときに

右後ろに振り向いてしまい、付いていくのが遅れたりするので決まりやすい。

縦パスカットの狙いすぎで重心がよりすぎて付いていけないなどもある。

DF側になったときは注意しないといけない。

 

 

下手な人を後ろに配置しない

試合を作る(守備/ポゼッションを安定させる)ために守るべき基本原理。

 

草フットサルにおいて得失点のほとんどがミスに起因する。

そしてゴールに直結するミスは守備側、ゴール前で起こる。

 

例えば、敵側の下手な選手が敵ゴール前でボールを持っていると、

プレスをかければ高確率でボールを奪えるので当然それを狙いに行く。

逆に敵側の底(一番後ろ)の選手が上手くて、取れそうにない場合はプレスに行かない。

体力の無駄だし、プレスをかわされると数的に不利になりやすいからだ。

 

同様の思考を大半の選手が行うので、

底に下手な選手を置くとプレスを受けまくってそれだけで失点する。

逆に底にボール回しの出来る選手を配置するとポゼッションが安定する。

 

また、下手な人は大抵判断もまずく体力もないことが多いため、

一番後ろにも関わらず攻めている際に前がかりになりすぎて

ボールロスト時に戻れなかったりするのもよくない。

 

自分がチーム内でうまい方だなと思った場合は

なるべく後ろでバランスを取るようにした方がいいだろう。

 

 

首を振る

周りの状況を確認する行為、簡単なようで難しいスキル。

 

パスをもらう前には、特に相手ゴールに背を向けている場合は

もらう前に必ず首を振って状況を確認しておく必要がある。

 

もらってすぐに振り向ける状態なのか、

左右どちらにボールを置いた方がいいのか、

相手がカットを狙っていないか(体を入れる必要がないか)、

などを確認するためである。

 

ちなみにサッカー経験者である知り合い曰く、

「DFしてる時、首を振ってるやつにはカットに行かない。」

とのことだった。

 

  

手で押す、ユニを引っ張る

素人はあまり使わないが有用なテクニックの一つ。

 

相手とボディコンタクトがあるような場合に、

これを行うことで楽にキープ出来たり、逆に相手のキープを妨げたりできる。

 

当然これらの行為はやり過ぎればファールの対象となるので、

やり方やる場所には注意が必要だが、

基本的にフットサルではFKが入りにくいこと、

警告を出す審判が少ないことから使い得である場合が多い。

 

 

腰を落とす

フットサルというより全スポーツにおける大事な基本姿勢。

 

プレー中、腰が落ちている分だけ可動域が生まれると言っていい。

ジャンプ気味になったり上体がスウェーのようにのけぞると、

その後の行動は著しく制限されてしまう。

 

例えば、ボールを持っている相手選手に詰めていき、

相手がクリアをしようとするとき、ジャンプ気味に足を出す人がいる。

このように腰を浮かせてしまうと相手が切り返しても対応できない。

またバウンドボールをトラップする時やDFで1対1になった時にも、

腰が浮いてしまう人がいる。

 

巧くボールをコントロールしよう、とか

相手のボールを華麗に奪おうとかを考えるよりも、

腰を落として多少トラップをミスっても次のタッチをすぐ出せるようにとか

相手が抜きに来たところに体を入れられるように身構えるとかの方が、

技術力を要求されない上に安定したプレーとなる。