草フットサル考察

社会人が週1月1でやるレベルでのフットサルに関する考察を書く

コーナーキックはピンチ

コーナーキック(以下CK)は期待値マイナスではないかという仮説

というのもCKからボールを奪われた際に1対1、2対1といったピンチになりやすい。

理由については下記の通り。

 

CKの際の基本的な布陣はキッカー、ニア、ファー、マイナス、だろう。
ニア、ファーはゴールに向かって走りこむような動きが多いこと、
キッカーはもともと自軍のゴールの最も遠いところにいることもあり、
特にマイナス気味に蹴ったボールをカットされると、
そのまま前を向かれて攻め込まれ、DFも少ないため非常に危険である。

上記のようにリスクの高いCKだが、その分リターンがあるかというとそうでもない。
仲間内でやっているときにはマークも空きやすくゴールできたりするが、
いざ試合になると真面目にマークが付くためかなり厳しい。


ではこのようにリスクリターンの悪いCKをどう扱うか。簡単に行える戦術が二つある。

一つ目は、無理やりちょん蹴りシュートを行う戦術だ。
布陣はキッカー、シュートを打つ人、こぼれ球を詰める人、残り一人は守備要員とする。
ポイントとして、こぼれ球を詰める人は走りこんだりはせず、単純に待つだけにする。
そうすればボールを奪われた際にもすぐに自陣に向かって走ることができる。

二つ目は、ラインぎりぎりにおもいきり蹴る戦術だ。
DFやGKに当たって入ったり、こぼれ球を詰めたりするのを狙う。
布陣はキッカー、詰める人、守備要員、守備要員となる。
守備要員の内一人は、詰める側にまわってもよい。

これらの単純でリスクの少ないやり方を基本としながら、
相手のマークが外れた時にはそこをついていくといいだろう。