草フットサル考察

社会人が週1月1でやるレベルでのフットサルに関する考察を書く

技術万能論

草フットサル談義の中で度々出てくる誤謬の一つ。

主に自分たちのパスミスやトラップミスに関する認識の甘さがその起因となる。

 

クリアするのではなく後ろからつないでいくことをよしとしたり、

相手ゴール前でシュートチャンスがあっても、

他に態勢のいい味方がいるなら必ずパスすべきとしたりする。

 

誰もミスをしないという前提ではその方針は正しいのが実際はそうはならない。

草フットサルのレベルでは、得失点は綺麗なパスワークからではなく、

ちょっとしたミスやこぼれ球などにより生まれる方が多い。

 

つまりはリスクリターンを考えて行動するとよいという話で、

そうすると「シュート至上」といった結論になる。

 

ただし上記はあくまで試合での話であり、

普段はあえてつなぐ練習をするというのは決して間違いではない。