草フットサル考察

社会人が週1月1でやるレベルでのフットサルに関する考察を書く

ちょん蹴りシュート

キックインからそのままシュートにもっていく技。

キックインをする選手の傍にシュートをする選手が控えておいて、

キッカーはちょんとボールを出してシュートをする選手がそのまま撃つ。

 

なぜこのような行動をとるのかというと、

キックインからのそれ以外の行動のゴール期待値があまりに低いからである。

普通にキックインから縦に入れたり中に入れて

ドリブルやパスからシュートにもっていくというのは、

一度プレーが止まり相手のDFの用意ができている事を考えると非常に難しい。

大抵後ろの選手に戻すだけとなる。

それならせめて確実にシュートを撃てるチャンスを作るほうがよい。

 

この技において重要な役目となるのがキッカーである。

キッカーはDFに距離を保つことを要求しながら

タイミングを見てシュートを撃つ人が撃ちやすいように

スピートと場所を考慮して出す必要がある。

 

<追記>シュートをトーキックを上手く使うとよい。

DFが突っ込んできても軌道が読みづらいので防がれにくい。

さらに、普通のけり方だと球出しのスピードとタイミングを

あわせるのが難しいが、トーキックだとあわせやすい。