草フットサル考察

社会人が週1月1でやるレベルでのフットサルに関する考察を書く

アプローチライン

試合において事前に決めることなんてほとんどないが、

これくらいは決めておいて方がよいだろうということの一つ。

 

まずはアプローチラインを決める意味を説明する。

絶対にやってはいけない事として、一番奥の敵がボールを保持している時に

それより手前で完全にフリーな敵選手がいるのにプレスに行き、

フリーな選手にパスを通された上、取りに行った勢いで戻れないというプレーだ。

 

文字にすると、そんなバカな事をするわけがないと思うが、

実際のプレーでは往々にして発生している。

取りに行った選手は、味方の選手が他の敵選手に

プレスしてくれていると思ってたりする。

 

そのようなことを起こさないためにも、どこからプレスをかけ始めるか、

というアプローチラインの設定が必要となる。

 

ラインはだいたいハーフよりちょっと奥(相手側)くらいを基本として、

コートが広い、相手が上手い、交代人数が少ない、などの場合は下げ、

交代人数がいて勝負をかけるときは上げればいい。

 

また、アプローチに行くときは後ろの状況を確認しつつ

パスコースを切りながら行くのが基本となる。

周りの味方がどのパスコースを切ってほしいか指示するとよいだろう。