草フットサル考察

社会人が週1月1でやるレベルでのフットサルに関する考察を書く

下手な人を後ろに配置しない

試合を作る(守備/ポゼッションを安定させる)ために守るべき基本原理。

 

草フットサルにおいて得失点のほとんどがミスに起因する。

そしてゴールに直結するミスは守備側、ゴール前で起こる。

 

例えば、敵側の下手な選手が敵ゴール前でボールを持っていると、

プレスをかければ高確率でボールを奪えるので当然それを狙いに行く。

逆に敵側の底(一番後ろ)の選手が上手くて、取れそうにない場合はプレスに行かない。

体力の無駄だし、プレスをかわされると数的に不利になりやすいからだ。

 

同様の思考を大半の選手が行うので、

底に下手な選手を置くとプレスを受けまくってそれだけで失点する。

逆に底にボール回しの出来る選手を配置するとポゼッションが安定する。

 

また、下手な人は大抵判断もまずく体力もないことが多いため、

一番後ろにも関わらず攻めている際に前がかりになりすぎて

ボールロスト時に戻れなかったりするのもよくない。

 

自分がチーム内でうまい方だなと思った場合は

なるべく後ろでバランスを取るようにした方がいいだろう。