草フットサル考察

社会人が週1月1でやるレベルでのフットサルに関する考察を書く

早いリスタート

ファールによりプレーが中断された後に、素早く再開して相手の虚をつくプレー。

 

攻撃側

味方へのファールでプレーが中断したら、味方の心配とか敵への苦情はさておき

素早く(決して急いでいる様子を見せず)ボールを手に取り、チャンスを伺う。

敵や味方、審判がファール現場に集まってあーだこーだ言っている内に、

逆サイド等でフリーの人間にパスをするなどしてゴールを狙う。

この際、大抵2人以上の協力が必要となる。

ボールを奪ってパスをする人間とパスをもらう動きをする人間である。

 

守備側

攻撃側の行動を踏まえて守備側として実施しないといけないのは、下記2点である。

  • ボールの確保、またはリスタートの邪魔
  • 味方選手への注意喚起

ボールを渡さなければリスタートされないので、一番安全だが

一人でずっと持っているとイエローをくらう可能性があるので工夫が必要である。

ボールを持ったまた下がり、敵選手からボールを寄越せと詰め寄られたら

ファール現場の近くにいる味方に投げて渡すといったやり方だ。

または単純にボールの前に立って蹴らせないようにするのも効果的だ。

審判が「笛で再開」という決定をすれば安全なので、

「プレー止まってますか?」「笛で再開ですか?」等と聞くといいだろう。