草フットサル考察

社会人が週1月1でやるレベルでのフットサルに関する考察を書く

スカウティング

スカウティングとは、草フットサルでメジャーな1Day大会において、
敵チームの能力を対戦前に確認し対策等を練る行為とする。

ここで言う1Day大会とは毎週様々な場所で開催されている
4~6チームによる総当たり等により優勝を決める大会のことを指す。

 

単純な上手い下手ではなく、以下4つの観点で確認を行う。

 

①敵チームのプレースタイルの把握
 相手チームのプレースタイルに合わせて有効な戦術をとるため。
 よくあるパターンとしては以下の4点がある。

 1.ボールを取られた際に戻らない奴がいる、戻らない奴を注意しない
  ⇒攻めさせてのカウンターが有効

 2.相手GKからのボールで、ロングボールを使わずマークがいても近くの味方に渡す。
  ⇒前からのプレスが有効(ただし、渡される相手の技量に注意)

 3.相手GKからのボールでロングボールを多用、ターゲットマンがいる。
  ⇒ターゲットマンをはさむ守備の意識を高める
 4.前プレをしてくる、よく走る
  ⇒後ろでのボール回しは安全重視、ロングボールを増やす。
 
②チーム内での相対的に上手い奴を把握
 突出して上手い奴がいればダブルチーム(はさみこみ)が有効。
 注意点として、絶対的な上手さではなく、相対的な抜け出し具合がポイントとなる。
 例:全員80点の上手さならダブルチームは有効に機能しづらいが、
    一人が75点で残りが60点ならダブルチームは有効。

 

③ゴールを取りそうな奴(誰がしっかりとしたシュートを打つか)を把握
 上手くてもシュートをあまり打たない奴や
 そこまで上手くないが、シュートの意識が高く、いいシュートを打つやつがいる。
 そのあたりを見極め、ディフェンス時の距離感や
 セットプレー時のマークの注意度に反映させる。

 

④その他、利用できそうなプレーの癖を把握
 特に②③における該当者のプレーの癖を把握し、
 全網羅的な注意/対応から相手の癖に合わせたそれに最適化する。
 イメージとしては、ロッベンのいつものあれをしっかりケアする、という感じ。
 ロッベンレベルだと洗練されまくっていてわかっていても対応が難しいが、
 草フットサルレベルだと単純にそのプレーしかできない、という場合も多く、
 癖を把握しておくととても有効な場合が多い。